慢性的な人手不足もメリットになる?

滅多に失敗しないのが、看護師の転職の特徴です。
よほど人格に問題がない限りは、どこかの病院に拾ってもらうことはできる傾向にあります。大病院は競争率が激しいので難しいかもしれませんが、診療科目を問わないのであれば、男性でも高齢でも拾ってもらうことはできるようです。精神科などは、男性も活躍がしやすい傾向にありますので狙い目です。
看護師の転職が滅多に失敗しないのには、具体的な理由がいくつかあります。一つは、圧倒的に人手不足だからです。基本的には、どこの病院も満足いくだけの看護師の数を揃えてはいないようです。ギリギリの人数で何とか経営しているというのが本音のようです。なので、希望をすれば正規雇用してもらえる可能性は高いです。数年ブランクのある人でも採用がされるので、諦めさえしなければ正規雇用はしてもらえるようです。一般の会社員では、なかなか正規雇用をしてもらうことができないことを考えれば、恵まれた業界だといえるでしょう。
また、看護師は資格職なので、資格さえあれば仕事を任せられると考えるのが普通です。その点も、転職が失敗しにくい理由の一つでしょう。資格は、一生使えるのでブランクがあってもあまり問題ないようです。また、どこの病院でも仕事の内容はさほど変わりません。資格があれば全うすることができるので、雇う側もそれほど深く考えて採用はしていないようです。健康でコミュニケーションが取れるのであれば、採用をしようと考えるようです。職場を変更しても賃金が急激に落ちることもないので、積極的に職場変更をしてもあまり失敗にはならないようです。